手作りグリーンスムージーによくある落とし穴

グリーンスムージーダイエットに使うためのスムージーは、大きく分けると、
手作りタイプと市販タイプの2種類がありますが、どちらがいいと思いますか?

 

「手作りのほうが良さそう」という人も多いでしょうが、ちょっと待って。
実は手作りグリーンスムージーには、落とし穴も多いのです。

 

 

栄養不足・糖分過多になることが多い!?

 

手作りグリーンスムージーの最大の落とし穴と言えるのが、
「グリーンスムージーの材料選びの難しさ」です。

 

栄養面の知識が豊富な人なら、手作りでも、
ビタミンやミネラル豊富で糖分摂りすぎにならない理想的なグリーンスムージーを作れるかもしれませんが、
実際のところ、素人がグリーンスムージーを作ると

 

「栄養バランスが悪く、おいしさ重視で糖分過多になる」というケースが多いんですよね。

 

おいしさを重視すると、どうしても果糖が多いフルーツの配合が多くなってしまうんですが、
これが栄養バランスの乱れと糖分過多を招くのです。

 

また、「甘みが足りないから」と、砂糖を加えてしまうケースさえあります。
これでは本末転倒です。

 

このような、材料の選び方を間違えたグリーンスムージーを毎日飲んでいると、
「ビタミン・ミネラルが足りず糖分だけが多い食事を毎日続ける」
というのと同じ状態になってしまいますので、健康的なダイエットの実現は難しくなってしまうんですよ。

 

 

コストと手間がかかる!

 

手作りグリーンスムージーの落とし穴と言えば
「コストと手間がかなりかかる」というのも挙げられますね。

 

特にコスト面は大問題!「毎日、新鮮で栄養バランスにすぐれたスムージーの材料を調達する」というのは、
実際にやってみれば分かりますが、かなりのコストがかかります。

 

事実、私も、かつて一時的に手作りグリーンスムージーにチャレンジしたことがあったのですが・・・

 

 

「栄養面をしっかり整えようとするとコストがきつい」という現実に、私のお財布事情が耐えられませんでした。

 

また、毎回ミキサーを洗う手間がかかるのも、面倒でストレスを感じましたよ。
作り置きするわけにもいきませんしね〜

 

というわけで、手作りグリーンスムージーでダイエットするのは、かなりハードルが高い方法だと言えます。