生酵素グリーンスムージーってなんですか?

生酵素グリーンスムージーには
222種類の野菜や果物の生酵素が含まれています。

 

某有名ネットショップのダイエットサプリメント部門で
堂々の第一位となった非常に人気のある商品です。

 

ただし、商品代金と送料を一日の摂取量のコストとして計算した限りでは、
生酵素グリーンスムージーが特にお得な値段というわけでもありません。

 

購入者の口コミを見てもリピーターさんが六割以上います。

 

欲しいものが世の中にたくさんありすぎる女子磨きに熱心な世代は、
見えないところは100均で済ませたり、食費を削っても外見にお金をかけたりしがちですが、
リピーターの年齢層を見る限り、そういった世代が多そうにも関わらず、

 

彼女たちが値段で選んでいないならば、
生酵素グリーンスムージーの何を魅力と感じて続けているのでしょうか?

 

生酵素グリーンスムージーの特徴

生酵素グリーンスムージーは某大手ネットショッピングサイトの
2011年ダイエットサプリ部門で第一となった
「生酵素」がグリーンスムージーになって新たに発売されたものです。

 

そして世界基準においても規格と認証が厳しいデンマーク産の豚プラセンタを
1回分の使用量である添付スプーン4杯分に対して30,000mg、
また吸収の早い低分子コラーゲンを3,000g含んでいます。

 

同時に、食物繊維はレタス21個分の72,200mgと
非常に高い含有率で含まれています。

 

そして水溶性でr高い抗酸化作用を持つビタミンCも加えれています。
生酵素グリーンスムージーが含んでいる野菜、
果物は全部で222種類でかなり多くの自然の恵みが含まれていますが、

 

一杯分のカロリーがわずかに19kcalというのは
他の同程度の野菜や果物を含むスムージーと比較してもかなり低カロリーの部類に入ります。

 

他のスムージーとの違い

他のスムージーとの違いは、
このメーカーが全ての面で安心できる商品を提供し、

 

長く愛用してもらいたいという思いから、
スムージーのもとになる野菜や果物の放射能と
残留農薬毒性試験を行ってくれていることです。

 

酵素にしてもスムージーにしても
その材料となる植物は完全に生でなければなりません。

 

というのは酵素も多くの水溶性のビタミン類も
(ビタミンCやビタミンBなど)熱に強いものではありません。

 

特に植物性の酵素に至っては、ブレンダ―を回しすぎることで
ブレンダ―の刃が熱をもつとその熱でどんどん破壊されるほどデリケートです。

 

さらに、果物や野菜に含まれる酵素は皮の裏側辺りに多く含まれますから
皮ごと使ってスムージーを作るのはスムージーを作るときのお約束ですね。

 

という理由で、スムージーを作るための野菜や果物の残留農薬毒性を調べて
管理してくれていることはとてもありがたく、製造者としての誠意を感じますね。

 

生酵素グリーンスムージーのメリットデメリットについて

生酵素グリーンスムージーのメリットとデメリットは、
そのカロリーの低さにあります。

 

一回分のカロリーはわずかに19kcalです。
広告を目的とした口コミの中には、5杯飲んでも100kcal未満だから
いくらでも飲めと書いてある無責任な記載も目にしますが、
メーカー自らが「容量と一日の摂取量を守って」と書いている以上はきちんと守ってくださいね。

 

確かに、ここまでカロリーが低いとお腹も空きやすくなります。

 

人間は生きているだけエネルギーが必要なので頭を使う職業の方、
受験生、体を使うアスリートなどは生命維持のために脳が何かを食べるように促します。
その網からの指示を私たちは空腹と感じるのです。

 

ですから、無理をしてスムージーだけで過ごすのではなく、
美しくリバウンドのない理想体重への変化と、変化したあとはそれを維持するために、
置き換えダイエットの味方として使っていただきたいと思います。

 

急激に得たものは急激に失いやすいと心得て、着実な目標達成を目指してくださいね!