ベジージーってなんですか?

ベジージーグリースムージーは野菜、果物、野草、海草、
糖類を熟成発酵させてできた酵素を99種類含み、
さらに美容に嬉しいコラーゲン、プラセンタ、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸と
健康にうれしいキノコキトサン、L-カルチニンを含んだグリーンスムージのことです。

 

ベジジーグリーンスムージーの一回分のカロリーは37kcalです。

 

低カロリーでありなが栄養価が高くてバランスが良いので
安心して置き換えダイエットに使えます。

 

また、ベジジーグリーンスムージーには水を含むと30陪から50陪に膨らむ
サイリュウムという食物繊維が入っているのでお腹の持ちがいいのです。

 

そして水溶性の食物繊維であるサイリユウムは
自然なお通じを促してくれると効果が期待できます。 

 

ベジージーの特徴

ベジージーグリーンスムージーは健康で生き生きとした毎日を
きれいなお肌で過ごすために必要な栄養をを多く含んでいますが、
これは何もこのベジジーグリーンスムージーだけに限ったことではないですよね。

 

最近よく目にするグリーンスムージーには酵素を含んだもの、
ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなどの美容、
特にアンチエイジングや美肌に特化した成分を含んだものが少なくないですね。

 

一方で、このベジジーグリーンスムージーは
その成分にダイエット効果が期待できる「キノコキトサン」や
「L-カルチニン」を配合しています。

 

「L-カルチニン」は、ここ数年ダイエッターの間でその効果を認識されて久しいですが、
「キノコキトサン」はまだそれほど知られていません。

 

「キノコキトサン」は脂肪分の吸収を抑えると同時に
燃焼力をアップさせる効果があるとされていますので、
特に下半身に多く脂肪のある方は体が冷えがちなので、
スッキリとしたボディラインを実現するサポート効果が期待できます。

 

同時に「L-カルチニン」との相乗効果で体脂肪が燃えやすい体質になる力を秘めています。

 

他のスムージーとの違い

他のスムージーとこのベジジーグリーンスムージーとの違いには、

 

上記にも述べましたが
ダイエットに特化した成分が含まれているということもありますが、

 

他にも論理的に納得できるのは、
その成分に腸内環境を整えるために必要な
食物繊維だけではなく乳酸菌などの善玉金の餌となるオリゴ糖が含まれていることですね。

 

食物繊維を含むのはグリーンスムージーであれば
当たり前のことですから別段喜ぶ必要もないのです。

 

さらには、食物繊維を無意味に多量に腸内に取り入れて、
他の大切なケアをしなければ腸を疲弊させるだけで、デトックス効果は期待できません。

 

便通をよくしたくても食物繊維だけでは
便通は改善しないというのも知っておくべ綺麗の基礎知識です。

 

そういった点でこのベジジーグリーンスムージーは
非常に良心的な製品作りがされていると言えます。

 

ベジージーのメリットデメリットについて

ベジージーグリーンスムージーのデメリットといいますか、
市場での弱みは、そのコストパフォーマンスの競争力についてでしょうか。

 

一般的に出回っているグリーンスムージーの一回分のコストは150円前後ですが、
このベジジーグリーンスムージーは、送料の違いも影響しますが、
それでも一回あたりが230円程度になります。

 

とはいえ、公平に比較するべきことは、
含まれている「L-カルチニン」や「キノコキトサン」「ロイヤルゼリー」の
一日分の理想摂取量も同時にとれることを考えると、

 

それらを含まないグリーンスムージーと同列に
コスト比較をすることはフェアではないですね。

 

「L-カルチニン」「キノコキトサン」「ロイヤルゼリー」の一カ月分のコスト合計は
平均でどんなに安くても2800円から高いものであれば7000円はかかりますから、

 

そう考えるとこのベジジーグリーンスムージーのコストパフォーマンスは
画期的に競争力があることになりますね。

 

その期待できる効果と、実感されている効果だけでなく、
そういった本当のお得感もベジジーグリーンスムージーの人気を支えていると言えます。